【動画】将棋の藤井四段、脇八段との順位戦の対局始まる=佐藤圭司撮影
[PR]

 将棋の中学生棋士、藤井聡太四段(15)が2日、第76期将棋名人戦・C級2組順位戦(朝日新聞社、毎日新聞社主催)の6回戦で脇謙二八段(57)と対局している。大阪市福島区の関西将棋会館で午前10時に始まった。持ち時間は各6時間。終局は夜に及ぶことが見込まれる。

 藤井四段は高校に進学する意向を固め、10月25日に日本将棋連盟を通じて発表した。通学している名古屋大学教育学部付属中学(名古屋市)が中高一貫校で、そのまま高校に進学する見込み。本局は、藤井四段が進路を明らかにしてから、初の対局だ。

 C級2組は、名人戦につながる順位戦(全5クラス)の中で最も下のクラス。順位戦初参加の藤井四段は、ここから出発している。C級2組には今期50人が参加。それぞれ10局指し、成績上位3人が一つ上のC級1組に昇級できる。

 藤井四段は今期順位戦C級2組でここまで5連勝。3人いる5連勝者の1人として、昇級レースのトップ集団にいる。

 日本将棋連盟の発表によると、藤井四段の通算成績は本局の前の時点で48勝6敗。驚異的な勝ちっぷりだ。(佐藤圭司)