[PR]

 厚生労働省は1日、対面ではなくテレビ電話やパソコンを使う「遠隔診療」について、保険を適用する際の患者の要件などのルールを作る方針を決めた。来年度の診療報酬の改定で遠隔診療の保険適用対象を広げるが、一定のルールがないと患者の不利益につながりかねないと判断した。

 この日の中央社会保険医療協議会(厚労相の諮問機関)で了承された。今後、「対面で一定の継続受診歴のある患者を対象にする」「事前に治療計画を策定して患者の同意を得る」といった具体的なルール作りを進める。

 政府は6月に閣議決定した成長戦略に、通信技術を活用した遠隔診療を促進するため、保険の適用対象を拡大することを盛り込んだ。拡大が進めば、医師不足の地域で適切な医療が提供できるようになる可能性がある。

 

<アピタル:ニュース・フォーカス・その他>

http://www.asahi.com/apital/medicalnews/focus/(水戸部六美)