[PR]

 神奈川県座間市のアパートで9人の遺体が見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された白石隆浩容疑者(27)は複数のツイッターアカウントを使い分けていた。そのうち一つでは、自殺志願者に方法などを助言するようなつぶやきが盛んに投稿されていた。

 「本当に困っている方は、ご相談ください」「もし、どうにもならなかったら言ってください」――。

 白石容疑者が「首吊(つ)り士」というアカウント名で書き込んでいた内容だ。

 「苦しむ時間で比べるなら首吊りのほうが短い」「自殺する前に友人、家族、SNSにこれから死にますや今までありがとうなど連絡を入れるのはNG」

 自殺を望む人に向けて、白石容疑者は具体的な方法や助言を投稿。更に「死にたい」などとつぶやいているアカウントに対しては「首吊り自殺予定でしょうか?」と個別にメッセージを送信していた。積極的に自殺志願者と連絡を取り合っていた状況がうかがえる。

 キーワードで興味のある投稿を一覧に出来る「ハッシュタグ」機能を使い、「#自殺」「#安楽死」といった検索ワードに該当するような投稿もあった。

 ツイッターの開設時期の表示は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら