[PR]

 今年度の文化勲章の親授式が3日、皇居・宮殿であり、天皇陛下から受章者5人に勲章が贈られた。出席したのは、雅楽の芝祐靖氏(82)、光化学・電気化学の藤嶋昭・東京大名誉教授(75)、洋画家の奥谷博氏(83)、中国史の斯波義信・大阪大名誉教授(87)、分子生物学の松原謙一・大阪大名誉教授(83)。

 天皇陛下は受章者を前に「長年努力を重ね、大きな業績をおさめられ、文化の向上に尽くされたことを誠に喜ばしく思います。どうかくれぐれも体を大切にして今後ともそれぞれの分野の発展のために尽くされるよう願っております」と話した。

 式典後、受章者は記者会見に臨んだ。芝氏は宮内庁楽部にいた際、天皇陛下の結婚時に演奏された「御成婚祝典序曲」を作曲したことを振り返り、「人生の大きな役目を果たしたような気持ちで長年過ごしております。受章は大変うれしい」と喜びを語った。

 松原氏は同世代の陛下が遠からず退位することについて「(陛下が)飽くなき興味で文化、科学、スポーツに気持ちをはせてきたことに国民は感謝している。退位されても余韻はずっと残るでしょう」と語った。(島康彦