[PR]

 トランプ米大統領は2日、米国の中央銀行、米連邦準備制度理事会(FRB)の次期議長にFRB理事のジェローム・パウエル氏(64)を正式に指名した。パウエル氏は金融政策では「中立派」とみられており、緩やかに利上げを進めるイエレン議長の路線を引き継ぐとみられる。

 任期は来年2月からの4年で、上院の承認を経て就任する。パウエル氏は共和党員で、ブッシュ(父)政権で財務次官を務めた。その後は投資会社カーライル・グループのパートナーをへて、オバマ政権下の2012年にFRB理事に就任した。パウエル氏は弁護士で、イエレン氏のように経済学者ではないが、金融業界での経験が長い。

 現職のイエレン氏は、FRBの約100年の歴史上初の女性議長として2014年に就任。1期目で再任されなかったFRB議長は、カーター政権下の1979年に退任したウィリアム・ミラー氏以来約40年ぶりとなる。(ワシントン=五十嵐大介

こんなニュースも