[PR]

 第29回恐山往復駅伝競走大会(むつ市陸上競技協会主催)が3日、むつ市で開かれた。県内外から参加した31チーム279人の選手が往復28・8キロのコースでたすきをつなぎ、黄金色に色づく山道を快走した。

 選手は市中心部の円通寺を一斉にスタートし、恐山総門前を折り返し点とする高低差約400メートルのコースを、9区間に分かれて走り抜けた。厳しい上り下りが続く街道には大勢の市民が詰めかけ、力走する選手に盛んな声援を送っていた。

 20チームが参加した一般・高校の部では、八戸地域の選手を中心とする「TEAMぜっと」が1時間34分31秒で4連覇。11チームが参加した中学の部では、6人が区間賞を獲得した「大平中A」が1時間39分57秒で優勝した。上位の成績は次の通り。

 【一般・高校】①TEAMぜっと②下北広域消防③ハシモトAC④青森南高校オールスターズ⑤弘前大学医学部

 【中学】①大平中A②東北中③大畑中④福地中⑤東通中(林義則)