[PR]

 神奈川県座間市のアパートで9人の遺体が見つかった事件で、白石隆浩容疑者(27)が10月、SNSを通じてやりとりをしていた女性(21)に「自分は人を殺したことがある」などと伝えていたことがわかった。白石容疑者が死体遺棄容疑で逮捕された当日に初めて会う約束をしていたというこの女性が、朝日新聞の取材に詳細を明かした。

 「一緒に死ねる方募集しています」。8月末、職場の人間関係に悩みを抱えていた女性は、ツイッターにこう投稿した。9月6日深夜から7日未明、反応してきたのが白石容疑者だった。

 「一緒に死にますか?道具も場所もそろってて、実行するだけです」。ダイレクトメッセージが届いた。すぐに無料通話アプリのカカオトークでやり取りを始めた。9月中旬からは毎日のように会話をするようになった。

 長いときで3時間。白石容疑者…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら