[PR]

 スタジオからスタジアムへ。通販大手ジャパネットたかたの創業者、高田明さん(69)が今春、サッカーJ2のV(ヴィ)・ファーレン長崎の社長に就任しました。異業種への挑戦を楽しみ、新たな舞台に情熱を傾けています。チームも今季、快進撃を見せました。

 10月26日、V長崎の社員ら10人とともに長崎県諫早市のホームスタジアムを3時間歩いて回った。

 「ここのチケット販売の窓口を増やそうか」。その場でスタジアムの改善策を社員と話し合った。

 その5日前、名古屋グランパス戦で観客の誘導に混乱が生じていた。ホームゲームの観客数は通常5千人程度。J1昇格をかけた「天王山」の一戦に、その倍以上が詰めかけた。台風の影響で雨まじりの悪天候となるなか、試合が始まってもスタジアムに入れない観客が長蛇の列をなした。

 「楽しみに来てくれたお客様に…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。