[PR]

 室町時代に備前長船で作られた全長2・3メートルの国重要文化財「大薙刀(おおなぎなた)」。瀬戸内市の寺が所蔵するこの刀の錆(さ)びを落とし研磨して、美しさを取り戻す計画が進行している。一般からの寄付で費用を賄い、研磨が実現した後、県立博物館でのお披露目を予定している。

 計画を進めている日本美術刀剣保存協会県支部(岡山市、小池哲〈さとる〉支部長)によると、大薙刀は瀬戸内市牛窓町にある千手山弘法寺遍明院が所蔵している。一族繁栄や戦勝祈願など何らかの目的で権力者が備前長船の刀工に作らせ、奉納したものとみられる。

 圧倒的な長さに加え、室町前期の15世紀初めごろに活躍した備前長船を代表する刀工の一人・盛光(もりみつ)の銘があることが評価され、大正期に文化財指定された。

 盛光は、鎌倉時代以降に刀剣の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら