[PR]

 5日に来日したトランプ米大統領と安倍晋三首相は、ともに「ゴルフ好き」で知られる。2人の親密ぶりに注目が集まるが、その背景を探るとほかにも様々な共通点が浮かび上がる。

 首相にとって、ゴルフは最大の息抜き。約1年の短命に終わった第1次政権では1回しかプレーせず、ストレスをためる原因だったとのちに周辺に語った。

 一方、米メディアによると、トランプ氏は米国や海外に17のゴルフ場を所有し、重要な商談などで相手を見きわめるツールとしてゴルフを活用。2月に訪米した首相と一緒にプレーした後、ツイッターに「日本にはすばらしい代表者がいる」と書いた。

 両氏はともに肉好きでもある。特にトランプ氏はステーキを好み、焼き方はたいていウェルダン(よく焼いた)。ケチャップを付けて食べる。首相は焼き肉が好きで、外務省関係者によると、今回、首相とトランプ氏との会食会場を選ぶ際のキーワードは「肉」だったという。両氏の5日の昼食はハンバーガー、夜は東京・銀座の鉄板焼き店だった。

 支持率はどうか。ロイター通信…

この記事は有料会員記事です。残り827文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り827文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り827文字有料会員になると続きをお読みいただけます。