履正社高、プロと渡り合い4強 女子野球ジャパンカップ

橋本佳奈
[PR]

 女子硬式野球の日本一を決める第7回ジャパンカップ最終日が5日、京都であり、プロ同士の対決となった決勝で、埼玉が3連覇を目指す兵庫に5―2で逆転勝ちし、初の優勝を飾った。

 初出場の履正社高(大阪)がプロと堂々と渡り合って、4強入りした。4日の準々決勝では、プロの京都と3―3で引き分けたが、抽選で勝ち上がった。

 さらに履正社は5日の準決勝で埼玉に0―1で敗れはしたが、優勝チームを追い詰めた。一回に適時打で先制されたが、二回に2死二、三塁のピンチをしのぐなど粘り、その後は追加点を許さなかった。

 プロのトップチームと戦ったのは初めて。主将の吉井(3年)は「打球が速くてびっくりしたけれど、競ることができて自信につながりました」。準決勝で決勝打を放った埼玉の4番・川端は「勢いがあって、怖かった。ただ、女子野球がレベルアップするのは良いこと。もっとプロに入ってくれる選手が増えてほしい」と話した。

 女子日本代表監督も務める履正社高の橘田(きった)監督は「他の高校の選手たちにも勇気を与えられた。高校のレベルが上がることで、もっと多くの人に競技の面白さを知ってもらえる」と期待をこめた。(橋本佳奈)