[PR]

 多摩川にかかる鉄橋から夕焼け空が見えた。おお、幸先いいぞ。駅に着き、向かうは、改札から徒歩約1分の「溝の口駅西口商店街」。戦後の混乱期に誕生した闇市のなごりである。

 1990年代、駅の反対側にデパートなどが入るビルができ、人通りが少なくなってしまった。トタン屋根が続く商店街。営業しているのは現在35軒前後という。「でもね、何かを懐かしむかのように人は集まってくるんだ」。古書店を営む菊地登美夫さん(63)は言う。開店は30年ほど前。もともとはレコード店だった。13坪ほどの店内に約2万冊の本が並ぶ。

 あの藤圭子を育てた作詞家・石…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも