[PR]

 欠陥エアバッグ問題で経営破綻(はたん)した自動車部品大手タカタの負債総額が、1兆500億円規模で確定する見通しになったことが6日、わかった。製造業として戦後最大の大型倒産となるのは確実だ。

 タカタは6月26日に民事再生法の適用を申請。負債総額を確定したうえで、11月27日までに再生計画案を東京地裁に提出する予定だ。3月末時点の負債総額は約3800億円だったが、これには自動車メーカーが肩代わりした巨額のリコール(回収・無償修理)費用を反映しておらず、負債はさらにふくらむとみられていた。

 関係者によると、タカタは、車メーカーが請求したリコール費用などを精査し、その一部を上乗せした計約1兆500億円を負債として東京地裁に届け出た。中国の「寧波均勝電子」傘下の米自動車部品メーカー、キー・セイフティー・システムズにほぼすべての資産と事業を譲渡する計画で、数週間以内に最終合意する見通しだ。

 調査会社の帝国データバンクによると、負債額は2016年11月に倒産したパナソニック子会社、パナソニックプラズマディスプレイの約5千億円を上回り、製造業の倒産で戦後最大になるという。(木村聡史)