[PR]

 大阪と京都を結ぶ京阪電鉄の2階建て車両で、階段から転落した男性に衝突され後遺症が残ったとして、階下の補助席に座っていた大阪府内の30代の女性が、京阪と男性に慰謝料など約2億3700万円の賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こした。6日、初弁論があり、京阪と男性側はそれぞれ請求棄却を求めた。

 訴状などによると、女性は昨年2月24日午後10時10分ごろ、大阪・淀屋橋発で京都・出町柳行きの2階建て車両に乗車。乗降ドアがある階と車両1階を結ぶ階段を下りた場所にある補助席に座っていた。補助席は普段は壁面に収納され、引き出して使うことができた。同10時半ごろ、酒に酔った男性が階段から転落し女性の頭部に衝突した。

 女性は首の骨が折れるなどの大けがを負い、約半年間入院。手足にまひが残り、勤めていた会社も辞めざるをえなくなった。現在も歩行や日常的な家事が困難という。

 女性側は、京阪は乗客に対する安全確保義務を負っているのに対策を怠った、と訴えている。

 京阪は事故があったことは認め、その後の昨年3月、同じ位置にある補助席はすべて撤去したという。訴訟については「係争中のため回答を控えさせて頂きます」としている。