[PR]

 大阪府守口市の賃貸マンションの一室で無許可の民泊を営み、宿泊者の着替えなどを盗撮したとして、府警は6日、津市の会社員の男(42)を旅館業法違反と軽犯罪法違反の疑いで書類送検し、発表した。「趣味でやった」と容疑を認めているという。府警は、男が盗撮目的で民泊を営業していたとみて調べている。

 守口署によると、男は8月下旬、借りていた守口市のマンションの一室で無許可の民泊営業をして男女2人を宿泊させ、脱衣所とリビングに設置したカメラで、服を脱ぐ様子などを盗撮した疑いがある。女性が脱衣所のカメラに気づき、110番通報した。府警が押収したパソコンには盗撮動画が残っていたという。

 男は2015年末からこのマンションで無許可で民泊の営業を始め、1泊4500~6500円ほどの料金でこれまでに28組を泊めていたとされる。