[PR]

 トヨタ自動車は7日、2018年3月期の営業利益が前年より0・3%多い2兆円になるとの見通しを発表した。従来予想は7・2%減の1兆8500億円。円安基調や堅調な販売を追い風に、営業減益から営業増益に見直す。営業増益は2年ぶりだ。

 営業利益が実際に2兆円に乗れば、過去最高の2兆8539億円だった16年3月期以来となる。国内最大の製造業企業であるトヨタが営業増益を視野に入れたことは、日本企業の収益改善を象徴する。

 純利益の予想も1兆7500億円(前年比4・4%減)から1兆9500億円(6・5%増)に引き上げた。売上高の予想は28兆5千億円(3・3%増)のまま据え置いたが、円安が効いた。対ドルの想定為替レートを、従来の1ドル=110円から足元の水準に近い111円に見直した。

 世界景気の回復を背景に上半期にあたる4~9月のグループ世界販売(ダイハツ工業、日野自動車含む)は前年同期比2・9%増の522万台。上半期で過去最高だった。

 あわせて発表した17年9月中間決算は、売上高が前年同期比8・6%増の14兆1912億円、営業利益は1・8%減の1兆965億円、純利益は13・2%増の1兆713億円だった。

こんなニュースも