[PR]

 横綱稀勢の里の左腕は、輝きを取り戻すのか――。12日に初日を迎える大相撲九州場所(福岡国際センター)の見どころの一つだ。最大の武器を3月の春場所で痛めて以降、強烈なおっつけは影を潜め、3場所連続で休場を余儀なくされてきた。福岡入りしてからの稽古では、回復の兆しが見えた。

 6日にあった二所ノ関一門の連合稽古。稀勢の里は左腕にテーピングやサポーターをつけることなく登場した。「前から見ても、後ろから見ても、体がよく締まっていた」。元小結でスポーツキャスターの舞の海秀平さんは、久々に見られた横綱の体の張りの良さに、稽古の充実ぶりを感じたという。

 名古屋場所(7月)前の連合稽古で左を封じられ、9勝12敗と負けが込んだ関脇の嘉風を相手に、この日は8勝2敗。左のおっつけやはず押しも繰り出し、組み合いながら笑顔を浮かべる余裕も見せた。

 嘉風は「左が使えるようになっ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら