[PR]

 ネット上の動画投稿サイト「ユーチューブ」を主舞台に、独自に制作した動画を公開する人や集団「ユーチューバー」。ゲームの音を声で再現したHIKAKIN(ヒカキン)さんや、スライム風呂など破天荒な挑戦をするはじめしゃちょーさんらタレント的な人気者もいて、動画再生に伴う広告収入などで生計を立てる人も出てきた。子どもたちの「将来の夢」のランキングにも登場するようになり、小学生が作ったと思われる動画もネット上で広がる。

 そんな中、今年3月にできたのが、小学生対象の体験型教室「You Tuberアカデミー」だ。創設したFULMA(渋谷区)の代表、齊藤涼太郎さん(21)は、慶応大学商学部3年生だ。北海道旭川市の高校時代、小中学生のキャンプのボランティアで「子ども目線の教育が不足している」と思ったことが原体験になった。

 「養成教室ではありません。自分ならではの動画を作ることを通じて、好きに自分を表現していいんだ、大人にすごいと思わせることが自分にもできるんだ、という自信を持ってもらうのが一番の狙いです」

 二子玉川、秋葉原をはじめ、横…

この記事は有料会員記事です。残り1393文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1393文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1393文字有料会員になると続きをお読みいただけます。