[PR]

 神奈川県座間市で9人の遺体が見つかった事件で、白石隆浩容疑者(27)が現場アパートの契約のために不動産仲介業者を訪れた際、女性が同席していたことが捜査関係者への取材でわかった。警視庁は、最初に被害にあった可能性がある神奈川県の女性(21)とみており、経緯を詳しく調べている。白石容疑者はこの女性について「入居のため、50万円を振り込ませた」と供述しているという。

 不動産関係者によると、現場アパートの家賃は月約2万円で、借りるには家賃7カ月分以上の貯蓄を証明する必要があった。白石容疑者は8月18日に部屋の見学を申し込んだ。

 捜査関係者らによると、白石容疑者は翌19日に女性とともに仲介業者を訪ね、賃貸契約を申し込んだ。女性に事前に指示して自らの口座に50万円を振り込ませており、業者に通帳を示したという。審査を経て21日に契約が成立。白石容疑者は女性に対して「いつでも部屋に遊びに来て。50万円はすぐ返すよ」と言った、と説明しているという。

 白石容疑者はツイッターを通じ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら