拡大する写真・図版 早朝、通勤客らを乗せて原爆ドーム脇の相生橋を渡る被爆電車の651号。まちの景色は変わっても、昔と変わらず走り続ける=広島市中区

[PR]

 戦前、戦中、そして現代。広島市内では生活の足として路面電車が利用されてきた。街並みは時代とともに移り変わっても、「あの日」と同じ姿で走り続けている車両がある。

時紀行

 整然と並ぶ路面電車の中に、「昭和」からタイムスリップしてきたような車両がたたずむ。車輪はサビと砂ぼこりが混ざったような色だが、レールと接する部分は鈍く光り、現役を主張している。

 ここは、広島市内で路面電車を…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら