写真・図版

[PR]

 お産の痛みを麻酔で和らげる無痛分娩(ぶんべん)を選ぶ妊婦が増えている。一方、無痛分娩をした妊産婦や子どもが亡くなる事例も複数報告されている。麻酔の知識と技術に習熟した医師が立ち会うことが欠かせないが、日本では体制の整備が欧米に比べて遅れている。

メリットとリスク、理解して選択を

 東京都目黒区の女性(35)は10月17日、等々力産婦人科(世田谷区)で、第3子となる次男を無痛分娩(ぶんべん)で出産した。第1子と第2子は自然分娩だったが、今回は出産後に子育てにすぐ復帰できるよう、体力を温存したいという理由から無痛分娩を選んだ。

 女性は「自然分娩と比べて痛みは一番強い時でも3割弱くらいだった。冷静に出産を迎えられたのは貴重な経験だった」と話す。

 無痛分娩は一般的に硬膜外鎮痛という方法で痛みを抑える。脊髄(せきずい)の外側にある「硬膜外腔(こうまくがいくう)」に針を入れ、その中に細い管を通す。針を抜いて管だけを残した状態で、麻酔薬を注入する。薬が神経に直接作用することで痛みを緩和し、出産の疲労を少なくすることができる。心臓の持病や高血圧がある妊婦には、心臓の負担を軽くしたり血圧の上昇を抑えたりするメリットもある。

 一方、まれに管が血管に入ってしまったり、硬膜を突き抜けて「脊髄(せきずい)くも膜下腔」に達してしまったりする場合もある。そのまま麻酔薬を入れると、麻酔が効きすぎて血圧が急激に下がったり、呼吸ができなくなったりするなど、命に関わる合併症のリスクもある。

 妊婦によっては背骨が曲がって…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら