【動画】発砲の通報があったマンション=堀英治撮影
[PR]

 8日午前6時10分ごろ、北九州市八幡西区穴生(あのお)4丁目のマンションで、60代の女性が「夫が飼い犬を猟銃で撃った」と別の階の住人に伝え、住人が110番通報した。福岡県警は、マンションの周囲約150メートルへの立ち入りを規制して一部の住民に避難を呼びかけた。男は室内にとどまっているという。

 県警によると、現場は9階建てマンションの7階の一室で、60代の男が飼い犬のダックスフントに向けて猟銃のようなもので発砲した。女性にけがはない。女性は県警に「夫が室内で2発発砲した。夫は元自衛官で、仕事関係で悩んでいた」などと説明。県警は男の自宅や携帯電話に連絡しているが、応答がない。男は女性と2人暮らしで、猟銃所持の許可を得ているという。

 現場から約150メートル南にある市立穴生小学校(児童数384人)の体育館には、付近の住人ら約40人が避難し、硬い表情でパイプいすや床に座っていた。

 男と同じ7階に住む90代の女性によると、男は普段スーツ姿で出勤し、ゴミ出しなどで会うと気さくにあいさつをするという。女性は「銃を持っていたなんて知らなかった。本当に驚いている」と話した。

 一方、7階に住む20代の女性によると、男はクレー射撃が趣味で、自宅に銃があることも知っていたという。玄関先で妻に怒鳴ったり、宅配便のスタッフに「駐車場の前にとめた車を早くどかせ」と怒ったりするのを見たことがあるという。

 穴生小の金子二康(つぐやす)校長によると、午前7時半ごろに県警から学校に「近くで危険な事件が起こっている」と連絡があり、教職員が手分けして現場付近の通学路や校門に立ち、登校する児童を見守った。授業は平常通りしているが、金子校長が校内放送で「必要なとき以外に教室の外に出ないように」と呼びかけたという。金子校長は「現場が近く大変危険なので早く解決してほしい。下校時には集団下校で対応したい」と話した。