[PR]

 11月24日は「にんじんの日」――。各務原市と農家などが市特産のニンジンの知名度アップへ向けて「各務原にんじんの日」を制定した。当日は大学生が考案したニンジンを使ったスイーツなどを売り出す。

 同市は県内随一のニンジン産地。市とJAぎふ、東海学院大、市園芸振興会人参(にんじん)部会などが9月に設立した「各務原人参ブランド推進連絡協議会」が、「いい(11)にんじん(24)」の語呂合わせで記念日を制定した。また、各務原ニンジンを使った商品の愛称を市民から公募し、「かかみの台地のしずく」と決めた。

 PR事業の目玉として、同市の東海学院大管理栄養学科の学生たちがニンジンを使ったお菓子を考案。そのレシピをもとに、市内の和・洋菓子店5店が六つの新商品を完成させた。ニンジンに薬膳に使う素材を加えて作ったケーキやパン生地とすりつぶしニンジンを使ったラスク、米粉とニンジンを材料にアレルギーにも配慮したシフォンケーキなど工夫を凝らした新メニューだ。

 24日には、ピアゴ各務原店(同市那加桜町1)でお菓子の販売やニンジン詰め放題などの催しがある。このほか記念日の前後にはニンジンを使った料理が小中学校の給食や市内の飲食店などでも提供される。(吉住琢二)