[PR]

 安倍晋三首相は9日、日本医師会の横倉義武会長と首相官邸で会談した。横倉氏が医療サービスの公定価格である2018年度の診療報酬改定について「地域の医療機関が存続できるような改定をお願いしたい」と要望したのに対し、「適切な医療ができるような財源は確保しないといけない」と述べた。

 会談後、横倉氏が記者団に明らかにした。厚生労働省が8日に公表した16年度の医療機関などの経営状況の調査で、病院全体の利益率(収入に対する利益の割合)がマイナス4・2%の赤字だったことなどを踏まえて要望したという。

 また横倉氏は記者団に、診察料など医師らの人件費に回る診療報酬の本体部分について「マイナスに(改定)すると医療機関の運営ができなくなる地域が相当出てくる」と強調した。

 

<アピタル:ニュース・フォーカス・その他>

http://www.asahi.com/apital/medicalnews/focus/

こんなニュースも