拡大する写真・図版 御池岳のボタンブチから見下ろしたT字尾根。交点から左の尾根を下った。交点先のとがった山頂は「天狗堂(てんぐどう)」

[PR]

標高1247m しんどさ★★☆☆(滋賀県東近江市・三重県いなべ市)

 鈴鹿山脈の御池岳(おいけだけ)に滋賀県側から土倉岳(はぜくらだけ)を越えて登り、T字尾根で下った。地形図に登山道は記されず、登山者は少ない。踏み跡を見失うところもあった。

 7月に開校した日本山岳会東海支部登山学校の3回目の山行で、生徒4人に先生1人がついた。先生は同支部山行委員長の鈴木慎吾さん。読図訓練も兼ねた。

 登山口は東近江市の君ケ畑集落から御池川沿いに3キロほどさかのぼった付近にある。廃村茨川(いばらがわ)に向かうノタノ坂に入り、峠から高圧電線に沿って左の尾根を登る。地形図に標高「869」「942」と記載のあるピークを通って登る。

 深まる秋の日差しが黄色や赤の…

この記事は有料会員記事です。残り1497文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1497文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1497文字有料会員になると続きをお読みいただけます。