てんでんこ 皇室と震災・第3部8

 皇居や赤坂御用地で除草や掃除などをするボランティア「皇居勤労奉仕団」。100回以上参加した長崎県島原市の元市議、故元島和男(もとじまかずお)さんのもとに、大火砕流が発生した2日後、電話が入った。宮内庁からだった。

 電話の相手は天皇、皇后両陛下に仕える侍従。元島さんの手記によると、侍従は「島原の被災状況はどのようになっておりますか。両陛下には大変心配なさいまして『尋ねてみてくれ』とおっしゃいますので」と述べた。

 約1カ月後、両陛下はお見舞い…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース