[PR]

 来日したトランプ米大統領の長女で大統領補佐官のイバンカ・トランプ氏(36)に対し、政府は異例の厚遇をし、メディアも容姿や服装まで詳細に報じた。「イバンカ・フィーバー」の背景は?

 「イバンカさんは『女性起業家資金イニシアチブ』の立ち上げを主導された。強く支持する」

 東京都内のホテルで3日に開かれた「国際女性会議WAW!」。自ら出席した安倍晋三首相はイバンカ氏をたたえ、改めて5千万ドルの支援を表明した。ピンクのスーツのイバンカ氏と首相が連れだって登壇する場面もあった。3日間の滞在中、首相は都内の旅館でイバンカ氏と会食するなど、大統領補佐官としては「異例の厚遇」(外務省幹部)をした。日米関係筋では、イバンカ氏はトランプ氏の意思決定に影響力があるとみられているためだ。

 トランプ氏の就任後、各国が関係作りのきっかけにと接近したのがイバンカ夫妻だといい、安倍首相が各国に先駆けてトランプ氏と会談できたのもイバンカ氏の尽力とされる。「イバンカ氏が注目され、トランプ氏来日への注目も高まった」(政権幹部)という効果もあったようだ。

 米シンクタンク「ヘリテージ財団」で研究員だった横江公美・東洋大教授は「イバンカ氏は、トランプ大統領のいわば懐刀。家族として非常に近いところにいるのは間違いない。日本政府として、つてが少ないトランプ政権で一番影響力のある人を重視するのは理にかなう」とみる。

 また、横江教授は「イバンカ氏が会議のためだけに来日したのは、米政府も日本を大事にしているというサインだろう」と分析する。イバンカ氏は一補佐官の立場を超え、トランプ氏に直結する外交上のパイプというわけだ。

 イバンカ氏訪日で対照的だったのが日米のメディアの報道ぶりだ。

 日本のテレビ各局は、空港や夕…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら