[PR]

 大リーグ・ドジャースのダルビッシュ有投手(31)の要望で誕生した特別純米酒「No.11(ナンバーイレブン)」が11日午前11時11分に北海道留萌市の土産物店で発売された。日本ハム時代の背番号11にちなみ、1111本限定というこだわりぶりで、予約販売を含めてすでに完売したという。

 同投手の記念館「スペース11 ダルビッシュ ミュージアム」(神戸市)と日本ハムの留萌地区後援会などが計画。同投手が画像投稿SNS「インスタグラム」で「一番好き」と紹介した北海道増毛町の「国稀(くにまれ)酒造」の11番タンクを主に使って製造された。やや辛口ですっきりとした味わいが特長だ。同投手は「スペース11」を通じて「わざわざ語ることのない良いものです」とコメントした。ラベルには同投手の足を上げた投球フォームが描かれている。

 720ミリリットル入りで2500円。店頭では150本が販売された。最後の1本を入手した札幌市白石区の土木建築業寺本典生さんは「来年日本ハムが優勝した時においしく飲みたい」と笑顔で語った。ほかの959本は予約販売で、2本は同投手に贈られる。(今泉奏)