[PR]

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦のNHK杯は11日、大阪市中央体育館で男子フリーがあり、日本勢はショートプログラム(SP)6位の友野一希(同大)がフリーで順位を落とし、総合231・93点で7位が最高だった。SP10位だった佐藤洸彬(岩手大)は、総合199・20点で最下位の11位に終わった。SP首位のセルゲイ・ボロノフ(ロシア)がフリーでも1位の181・06点を出し、総合271・12点で優勝した。羽生結弦(ANA)は9日の公式練習で右足首を負傷し、欠場した。

こんなニュースも