写真・図版

[PR]

 食中毒で人が死ぬこともある腸管出血性大腸菌O(オー)157。ゲノムに並ぶ塩基から菌のタイプを見分ける解析方法が注目されている。離れた場所で発生しても、感染源の特定に役立つ。原因食品の流通を食い止め、被害拡大の防止が期待される。

 昨秋、神奈川県内で腹痛や下痢、血便を訴える人が相次いだ。ちょうど同じころ、秋田や千葉、東京、兵庫、広島の各都県でも同様の症状に見舞われた人たちがいた。

 各地の患者の便からは、O157が検出された。自治体が患者の食事を調べると、共通する食材として静岡県内の食品会社が製造する冷凍メンチカツが浮上。未開封商品からもO157を検出、患者のものと遺伝子型が一致した。6都県67人の患者は、冷凍メンチカツによる食中毒だったと裏付けられた。

 このとき、遺伝子型を見分けたのが「MLVA(ムルバ)法」と呼ばれる解析法だ。O157の場合、遺伝情報全体であるゲノムは約560万個の塩基という物質のペアで構成されている。塩基には4種類あり、ムルバ法は、この塩基の並び方の違いから菌の遺伝子型を区別する。

 ただし、560万個をすべて解析すると費用と時間がかかる。効率よく区別するため、ムルバ法では、特定の塩基の並び方が繰り返され、違いがでやすい17カ所を解析する。基本的には、17カ所すべてで「繰り返し配列」の回数が一致した患者と、1カ所だけ違う患者を一緒にグループ化して、「同じ遺伝子型」と判断し、食事や行動の共通点を探す。

 O157は、基本的に一つの菌…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら