[PR]

 欧州遠征中で、14日(日本時間15日未明)にベルギー代表との国際親善試合を控えるサッカー日本代表が、相次ぐ試練に見舞われた。フランス・リールから移動した11日夕、目的地のベルギー・ブルージュ近郊でバスがぬかるみにはまって立ち往生。そこから車に分乗して宿泊先へ向かい、到着は予定より1時間以上遅れた。

 ベルギー入りして最初の練習になった12日、今度は悪天候に見舞われた。激しくひょうが降ってきて、紅白戦を早々に中断した。

 紅白戦では控え組が3―4―3の布陣でベルギー代表を想定。主力組には、GK川島、DF酒井宏、吉田、槙野、長友、MF山口、長沢、井手口、FW浅野、大迫、原口が入った。FW杉本とMF長谷部は別メニューの調整だった。