[PR]

 希望の党の小池百合子代表(東京都知事)と国会議員団トップの玉木雄一郎共同代表が13日午前、都内のホテルで会談し、党幹事長など主要人事について協議した。玉木氏が示した人事案を小池氏が了承したという。14日の両院議員総会で人事案を示し、承認されれば新執行部が発足する。

 会談では、玉木氏が幹事長、政調会長などの主要な人事案を示し、小池氏は「細かいところを含めて後は任せる」と応じ、玉木氏に一任した。会談後、小池氏は報道陣に「新しい党としてしっかり歩む意識を共有した」と話した。14日の総会には小池氏も出席するという。

 玉木氏は会談後、「スピード感を持って物事を進めていける布陣を考えた」と記者団に説明し、これから本人への打診など最終調整に入る。共同代表選で争った大串博志衆院議員を執行部に起用するかどうかは、「適材適所で考えている」と述べるにとどめた。(別宮潤一)