[PR]

 スケッチブックを抱えて走り回ったり、ディレクターに怒られたり……!? そんなイメージを持つ人も多いであろうテレビ局のアシスタントディレクター(AD)。その実態を現役のテレビ局員が漫画にし、10月に出版した。華やかな番組の裏にある涙ぐましい努力や、テレビ局独特の文化をコミカルに描いている。

 作者はテレビ東京の真船佳奈さん(28)。2012年に入社。24歳でバラエティー番組のADに。ディレクターを経て、現在はBSジャパンに出向中だ。

 自身がモデルの猫キャラ主人公「まふねこ」は、テレビ局で起こる珍事や不条理に心の中で突っ込みながら、懸命に働く。撮影用のドングリ600個を夜の公園で拾い集めたり、音楽番組で歌手が乗る台を1人で押したり……。自身の経験や、先輩の体験談を元にしている。真船さんは「笑って、悩みを吹き飛ばしてもらえる本にしたかった」。粘着テープをカバンの肩ひもに通すといった「ADあるある」も盛り込んだ。

 番組に出演した一般女性との交流も描いた。「ADのだいご味は取材相手との距離が近いこと」。手元には、街の鮮魚店の人から花火師まで幅広い名刺がある。「普通にしていたら無かった出会いがある」と、やりがいを語る。

 出版のきっかけは、今年初め、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも