[PR]

 管理栄養学を学ぶ椙山(すぎやま)女学園大(名古屋市千種区)の学生3人が、ささみやイワシを主食材とし、1日に必要なたんぱく質の3分の1が摂取できる「からだよろこぶ弁当」を考え出した。手軽で健康な食を届けようと工夫した自信作だ。愛知、岐阜、三重3県でスーパーマーケットを展開する「ヤマナカ」の直営50店舗で10月から販売されている。

 管理栄養学科の河合潤子講師(65)のゼミ生がレシピを提案、ヤマナカなどが商品化した。第1弾は、鶏ささみや豚ロース肉、イワシをメインの食材にした3種類で、いずれも価格は398円(税別)。筋肉をつくる重要な栄養素のたんぱく質をおいしく摂取してもらうのが狙い。

 2年生の山田真穂さん(20)が考案したのは「国産鶏ささみマヨ弁当」。弾力のあるささみにマヨネーズベースのソースを絡め、ご飯が進む一品だ。山田さんは「たんぱく質が豊富で低カロリーの鶏ささみを好物のエビマヨ風にアレンジした」と話した。

 1年生の酒井彩花さん(18)…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら