[PR]

小さないのち 育ちを支えて

 神戸市の60代の夫妻には、血のつながらない2人の息子がいる。長男(30)は2歳のとき、次男(29)は5歳のときに施設から里子として迎え入れ、特別養子縁組で戸籍上も実の親子になった。長男はバイク事故の後遺症で障害者施設に通い、次男はうつ病の治療を続けている。2人の心の傷の深さに気づいてやれなかったことを、夫妻は悔いている。

 新しい家庭に来た子どもたちは、大人の愛情を確認するために問題行動を起こす「試し行動」をとることがあると、縁組の仲介に関わった民間団体から聞いていた。幼い頃よく泣いたり、過剰に食べたりすることはあったが、本当の困難は思春期にやってきた。

 長男は中学に入ると暴力事件を…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら