[PR]

 72時間の生放送という空前の企画に挑んだ「72時間ホンネテレビ」は、ネットテレビの可能性を広げた。芸能界やネット事情に詳しく、「SMAPはなぜ解散したのか」などの著書がある、ライターでリサーチャーの松谷創一郎さんは「実験として大成功」と評しつつ、これからのアベマTVに注文を付ける。

 失敗も含めて実験としては大成功だった。例えば、放送尺の問題で地上波テレビでは出来ないのは、森且行さんが登場した企画。6時間ぶっ続けで、森さんが登場するまでに3時間。登場した後も、生でオートレース場内を移動する。これは地上波では無理。生の良さが生かされていると思った。

 ただ、もろ刃の剣でもある。冒頭のパーティーは企画がゆるく、これでもつだろうかと思いました。司会がおらず、仕切る人がはっきりしない。中居正広さんがいれば、ああはならなかったでしょうね。爆笑問題の太田光さんが出てきて「飯島を呼べ」「木村、見てる?」など、挑戦的なことを言ってなんとかなったと感じました。

 特に失敗だと感じたのは地上波テレビ的な企画。例えば、稲垣吾郎の結婚式は典型的なテレビの企画だった。セルフドキュメンタリーのような作りで、仕掛けがわかりやすく、その上で何が面白いかわからない内輪の業界ノリだと感じた。ネットテレビではこの手のゆるい企画はおもしろくないな、と。だけど、それがわかったことも大きな収穫だと思う。

 実験という意味でいえば、今回失敗できるのはチャレンジャーで、カウンターだから。いつまでも続けられるわけではない。

 全体としては、色々試してこれ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら