[PR]

 ホンダは16日、ソフトバンクと次世代高速通信方式「5G」の普及を想定した共同研究を始めると発表した。研究は2018年度に北海道のテストコースに実験設備を備えて本格的にスタートさせ、インターネットでつながる「コネクテッドカー」技術の強化を目指す。

 ホンダ子会社の本田技術研究所とソフトバンクが16日までに覚書を交わした。

 5Gを使えば、いまの通信環境よりも数十倍速く通信することが可能になり、自動運転への活用も期待されている。両社はテストコースに実験用の5G基地局を設け、高速で走る車が円滑に基地局を切り替えながら情報をやりとりする技術や、より適した車載アンテナを開発する。電波が弱い環境でもデータを送受信できる技術開発も進める。

 ホンダはソフトバンクとの連携を強めており、人工知能(AI)を使って運転手の感情を分析するコネクテッドカーについても、昨年から共同研究している。(木村聡史)

こんなニュースも