[PR]

 トランプ米大統領の戦略は、相手とより良い人間関係を築き、より良いディール(取引)を求める――。8月に更迭されてホワイトハウスを去るまで、トランプ氏の最側近と呼ばれたスティーブン・バノン元首席戦略官が16日、朝日新聞との単独インタビューに応じ、持論を展開した。一問一答は次の通り。

 ――トランプ政権の外交政策について。北朝鮮の核問題を解決する、最善の方法をどう考えているのか。

 「トランプ大統領が、現在まさに実施していることだ。米国が同盟国である日本や韓国とともに、(北朝鮮に影響力のある)中国に圧力をかけ続けること。先日、大統領が中国を訪れた後、中国が北朝鮮に特使を派遣することを決めた。トランプ氏が実施してきた、中国と2カ国による問題対処こそ正しい判断だ」

 「国連では、中国とロシアの協力を得て、北朝鮮に制裁を加えている。だが最も重要なのは、トランプ氏が中国を訪問し、習近平(シーチンピン)国家主席と直接対話したことだ」

 ――北朝鮮問題で、米国は中国の協力を本当に得られたのか。

 「中国はとても率直だ。彼らも北朝鮮問題を解決したがっていて、非核化について米国と話し合っている。すべての国にとって関心事で、中国が北朝鮮に特使を派遣したことは、とても前向きな兆候だと思う。状況を注視したい」

 ――トランプ氏もあなたと同様…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも