[PR]

毎年1千万人が感染 予防法は?

 インフルエンザの流行期が近づいてきた。今年は各地の医療機関でワクチン不足が生じており、不安に感じている人もいるかも知れない。予防法や、注意すべき症状はどういうものか。感染症対策に詳しい川崎市健康安全研究所の岡部信彦所長に聞くと、やはり普段からの生活習慣が大切になるようだ。

 今年は9月ごろから関東や沖縄などで学級閉鎖が報告されている。流行が早い印象もあるが、岡部さんは「いまの段階で流行の規模を予測するのは難しい。毎年1千万人前後がかかるといわれるのがインフルエンザ。誰もが注意する必要があります」と話す。

高齢者は口の中を清潔に

 一般的な予防法は、マスク、手…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら