[PR]

 通勤電車や飲食店などでiPhoneを操作していたら、突然画面に写真が届いた、なんて経験はありませんか? iPhoneには、近くの相手にデータを送る機能があります。それを悪用して、見知らぬ相手に、わいせつな写真や動画などを送りつけるイタズラがあるようです。情報セキュリティー企業や法律関連のウェブサイトで話題になったこともありました。今回は、このデータ送信はどのように行われていて、防ぐにはどうしたらよいかを説明しましょう。(ライター・斎藤幾郎)

プライベート写真を見知らぬ人に送ってしまう危険

 画像1のように、iPhoneに突然写真が届いたら、それは「AirDrop(エアドロップ)」という機能を利用したものでしょう。

 AirDropは、iPhoneやiPad、MacBook(マックブック)といった、アップルのiOSやmacOSに標準で搭載されている機能です。ワイヤレスヘッドホンなどの接続に使っている無線機能のBluetooth(ブルートゥース)を使って、近くのAirDrop対応機器を探し、直接データを送るものです。インターネットや通信事業者の回線は使いません。お互いの機器が近くにありさえすればよいのです。

 相手はアップル製品に限られますが、iPhoneに保存されている写真、連絡先のデータ、ウェブサイトのアドレス、その他一般的なデータを、その場で近くの人に渡せるのでとても便利な機能です。データを送るために、メールやメッセージのアプリを起動したりデータを添付したりする必要はありません。

 iPhoneやiPadのようなiOS機器で、アプリにある四角と上向き矢印が一緒になった(□と↑)「共有」ボタンにタッチするといった操作で、別のアプリなどを選ぶメニューが出ます。このとき、最上段に「〇〇のiPhone」などの表示が出ることがあります(画像2)。

 実は、これがAirDropの送信先を選ぶメニューで、自分のすぐそばで実際に動作中のiPhoneなどのアップル製品が表示されているのです。タッチすると、自分がいまアプリで表示、あるいは選択しているデータが選んだ相手に送られます。

 AirDropは簡単に使えて便利ですが、困った点もあります。見ず知らずの人もメニューに表示されるのです。通勤電車や混雑している飲食店などでは、近くにiPhone利用者がたくさんいて、メニューにずらりと並ぶこともあります。

 そしてこのことは、周囲にいる人々のiPhoneの「共有」メニューに、自分のiPhoneが表示されるということでもあります。自分の操作ミスで、知らない相手にプライベートな写真を送ってしまうかもしれません。逆に、誰かわからない人からデータが送られてくる可能性もあるのです。

 さて、どうしたらよいでしょうか。

AirDropの動作設定を変える

 まず、見ず知らずの相手からAirDropで送られてきたデータが、自分のiPhoneに勝手に保存されてしまうことはありません。最初に、画像1のような確認画面が出るので、「辞退」を選べば受信そのものを断れます。

 ただ、データが写真や動画の場合、確認画面にプレビュー(見本)が出ます。それだけでも、「わいせつ写真を見せる」というようなイタズラは成功です。不快になることもあるでしょう。

 これを防ぐには、AirDropの動作設定を変更するのが一番です。設定は、画面の下端に触れた指を引き上げる操作(iPhone Xでは右上の隅から下に引き下げる操作)で表示される「コントロールセンター」を使います。

 iOS 11ではWi-FiやBluetoothのアイコンが置かれた区画を強く押す(iPhone 6s以降の3Dタッチ対応機種)か、長押し(iPhone 6やiPadなど)でメニューが拡大し、「AirDrop」の項目が出てきます(画像3)。iOS 10までは、コントロールセンターに最初から項目が表示されます(画像4)。

 ここに「すべての人」と表示されていると、見知らぬ相手の画面にもあなたのiPhoneが表示され、AirDropの送信対象になります。タッチすると選択肢が出るので、「受信しない」か「連絡先のみ」を選びましょう(画像5)。なお、iOS 11は「設定」アプリの「一般」にも「AirDrop」の項目があります(画像6)。

 「受信しない」なら誰の画面に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも