「すまん」介護に疲れ妻の首を…録音に残されたその時

有料記事

黒田健朗
[PR]

きょうも傍聴席にいます

 もう死んでくれ。俺も死ぬから。すまんのう、すまん……。男は下半身不随の妻の首に延長コードを巻き、締め付けた。20年以上介護を続けてきた末の悲劇。仲むつまじかった夫婦を追い込んだものは何か。

 11月13日、佐賀地裁で開かれた裁判員裁判の初公判。

 裁判長に認否を問われると、江口末秋被告(71)は「間違いありません」と起訴内容を認めた。

 起訴状によると、江口被告は昨年9月7日深夜から8日未明の間に、自宅で下半身不随だった妻(当時71)の首に延長コードを巻いて締め付け、窒息させて殺害したとされる。

 検察側は初公判で被告が殺害の様子を記録したICレコーダーの録音内容を証拠提出し、読み上げた。

 名前を呼びかける被告に、「…

この記事は有料記事です。残り2944文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!