[PR]

(17日、大相撲九州場所6日目)

 押し相撲同士の対戦は「引いた方が負け」が鉄則。だが、この日は違った。御嶽海と阿武咲の一番は激しい押し合い。先に阿武咲が俵に詰まったが、押し戻された御嶽海が一気に土俵際へ。最後は御嶽海が後退しながらはたき込んだ。

 「よく相手が見えていた。最後もね」と御嶽海。互いに突き、押しを得意とし、身長や体重もほぼ同じ。3歳下の新小結を下して5勝目を挙げ、充実した表情でうなずいた。

 今年は初場所から5場所連続で勝ち越し。この日で50勝目となり、横綱、大関陣を抑えて現時点で年間勝利数のトップを走る。「若手、若手と言われているので、若手の中では負けたくない」と言葉の威勢もいい。元気な押し相撲が一年納めの場所を盛り上げる。

■稀勢…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら