[PR]

 インフルエンザウイルスはいくつかの型に分けられますが、その年によって流行する型が異なります。さらに私たちの免疫にとって目印となるウイルスの部分(抗原)を細かく変えてくるので、以前に身につけた免疫が今後も役に立つとは限りません。

 これに対応するため、インフルエンザワクチンは毎年、流行が予想されるウイルス型に合わせて成分を変えています。また、前年に接種したワクチンの効果は5カ月程度しか持続しないことから、毎年接種する必要があります。ワクチンには複数の型のウイルスの成分が含まれており、現行のワクチンは、1回の予防接種で4種類のウイルスに対応することが可能です(4価ワクチン)。

 インフルエンザワクチンは、ウイルスを鶏卵で培養してから壊し、その一部分の赤血球凝集素(HA)という成分を取り出して作ります。これを接種すると、私たちの血液中にウイルスに対する抗体が作られます。抗体の準備が整うまでに接種から2週間程度必要で、流行がピークを迎える1月から2月に間に合わせるためには、12月中旬までを目安に接種を済ませることが望まれます。なお、接種の回数は通常1回ですが、13歳未満は確実に免疫をつけるために2回接種する必要があり、初回接種のタイミングをさらに早めなければいけません。

 ウイルスの侵入(感染)、発症、重症化という3段階でインフルエンザ対策を考えた場合、ワクチンによる予防効果が期待できるのは、発症と重症化の部分です。このため、ワクチンによる恩恵を受けやすいのは、ひとたび発症すると重症化しやすいお年寄り、心臓や肺、腎臓などの病気を持つ方々と考えられます。このようなワクチンの働きをふまえ、前回お伝えしたマスク着用と手洗いでウイルスの侵入を防ぎ、発症と重症化はワクチン接種で防ぐという、二段構えの予防法をお勧めします。

<アピタル:医の手帳・インフルエンザ>

http://www.asahi.com/apital/healthguide/techou/(新潟大学医歯学総合病院 感染管理部 茂呂寛准教授)