【動画】クラウドソーシングで受注する富永寛之さん
[PR]

 都市部の企業や官公庁から発注される仕事を、地方にいながらインターネット経由で個人が受注する「クラウドソーシング」が広がっている。深刻な人口減を抱える市町村は、新たな働き方で移住者らを増やそうと、環境の整備や支援に力を入れている。

 マングローブと青い海が広がる鹿児島県の奄美大島。富永寛之さん(31)は大阪府から6月、千キロ近く離れたこの島へ移住した。交際相手の間瀬(ませ)るみえさん(30)も8月に会社勤めをやめ、1LDKのマンションでいっしょに暮らす。

 2人の職場は寝室だ。富永さんは毎日6~7時間パソコンに向かう。クラウドソーシングの大手「ランサーズ」(東京)などが運営する仲介サイトを見て、東京や大阪の飲食店、社会福祉法人などからホームページの作成を請け負う。

 ホームページ制作会社に頼めば数十万円かかることが多いが、富永さんは5万円で受注。間瀬さんも企業広告などのネット記事を書き、2人で月約25万円を稼ぐ。富永さんは「数をこなさないといけないが、頑張ればそれなりの収入になる」と話す。

 富永さんは東京と大阪でゲームやホームページの制作会社に勤めた。だが厳しいノルマや、せわしい都会で会社のために働くのに嫌気が差した。独立を考えている時、経験と技術を生かせるクラウドソーシングを知り、仲介サイトに登録して島への移住を決めた。

 年収は4割ほど減り、物価が高い島の暮らしは楽ではない。ただ、空き時間にシュノーケリングやカヤックを楽しめる。富永さんは「ITスキルがあれば、都会と同じ仕事が地方でできる」と言い切った。

■「個人がネットで稼ぐ島」、目…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース