[PR]

 レノファのJ2残留が決定した。サッカー明治安田生命J2リーグは19日、山口市の維新百年記念公園で今期最終戦があった。レノファ山口は愛媛FCと対戦し1―1で引き分け、順位が20位に確定。J3自動降格枠への転落を免れ、自力でJ2に踏みとどまった。

 レノファは前半、FW岸田和人や大石治寿、MF小塚和季が連係して敵陣に攻め込むも、なかなかシュートを放てない。前半終了間際に、中央突破したDF宮城雅史がミドルシュートを放つもわずかに枠を外れた。対する愛媛もサイドからクロスを上げてゴール前に迫るが決定機には至らず、両チーム無得点で前半を終えた。

 後半に入り、試合が動いた。21分、ペナルティーエリア近くで宮城のパスを受けた大石が左足を振り抜き先取点を奪う。マジョール監督が「練習で良いプレーをしていた」と話した通り、調子の良さを結果に結びつけた。

 しかし、試合終了間際の40分…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら