[PR]

 19日午前5時25分ごろ、那覇市泊2丁目の国道58号交差点で、同市宇栄原(うえばる)2丁目の会社員平良(たいら)英正さん(61)の軽トラックと2トントラックが衝突、胸を強く打った平良さんは搬送先の病院で死亡が確認された。沖縄県警はトラックを運転していた米海兵隊員を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死)と道路交通法違反(酒気帯び運転)の疑いで逮捕し、発表した。容疑を認めているという。

 那覇署によると逮捕されたのは、キャンプ・キンザー所属の上等兵ニコラス・E・ジェームズマクリーン容疑者(21)。呼気から基準値の3倍近いアルコールが検出された。トラックは米軍の公用車だったが、私用で運転していた。容疑者は左腰に擦り傷を負った。

 直進してきた容疑者のトラックが、対向車線から右折してきた平良さんの軽トラックと衝突した。容疑者側は赤信号だったとの目撃証言が複数あるといい、当時の状況を詳しく調べる。

 在沖米軍トップのニコルソン四軍調整官は19日、「事故で亡くなった方のご家族と友人に、深い遺憾と哀悼の意を示したい」とのコメントを発表。事故原因を究明し、再発防止のため「あらゆる手段を講じる」としている。

 また外務省は、在日米大使館と在日米軍に対して綱紀粛正と再発防止を申し入れた。ハガティ大使は杉山晋輔事務次官に対し、捜査への協力と再発防止策に全力を尽くす考えを伝えたという。(小山謙太郎)