[PR]

 大相撲の横綱稀勢の里(31)=本名・萩原寛(ゆたか)、茨城県出身、田子ノ浦部屋=が福岡国際センターで開かれている九州場所10日目の21日から休場することになった。同日朝、師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)が日本相撲協会に「腰部挫傷・左足前距腓(ぜんきょひ)靱帯(じんたい)損傷で約1カ月の安静加療を要す」との診断書を提出した。田子ノ浦親方は「いろんなところをかばっているし、力が入らない。休場は本人が決めました」。休場は4場所連続5度目。来年1月の初場所は成績次第で進退問題が浮上する可能性もある。

 稀勢の里にとって初の全休明けの今場所は、9日目まで4勝5敗。1場所5個の金星配給は、昭和以降でワーストタイだ。

 今場所は足のけがで鶴竜が初日から、幕内力士への暴行問題が明らかになった日馬富士が3日目から休場しており、9月の秋場所に続き3横綱が土俵から消える非常事態となった。稀勢の里は春場所で左上腕と左大胸筋を痛めたが、出場を続けて逆転優勝を果たした。しかしその後は一度も15日間を全うできず、飛躍の1年の締めくくりとなる九州場所でも復活できなかった。