[PR]

 ゲルニカはスペイン北部、バスク地方の奥深くにある。街を流れている川にかかる橋を、ルイス・イリオンドは杖をついて渡った。

 95歳になるイリオンドは、あのゲルニカ爆撃の数少ない生存者の一人だった。スペイン市民戦争のさなかの1937年、反乱軍の将軍フランシスコ・フランコを助けるため、ドイツ空軍(訳注=イタリア空軍も加わる)の爆撃隊が無数の爆弾で街を徹底的に破壊したあの80年前の空爆の中、イリオンドはこの橋の下のどこかに隠れていたと言った。

 市民戦争はフランコ側の勝利で終わり、バスク地方の自治政府も幕を閉ざされた。再びバスクに自治が認められたのは1979年、フランコが死んだ後だった。

 スペインでは今年2017年1…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも