[PR]

 10月1日夕、民進党本部の役員室。代表代行の枝野幸男が、代表の前原誠司に迫った。「言っていた通りに進んでいない。別の道を考えざるを得ない」

 小池百合子率いる希望の党への合流を望まない議員を民進として公認するよう求めたが、前原に拒まれた。「(道が)決まったら連絡する」と言って枝野は部屋を出た。

 選択肢は、新党結党か無所属での立候補しかなくなった。

 枝野らが批判してきた安全保障法制について、前原が「憲法違反の法律はだめでしょう」と語ったうえで、希望への合流を提案したのは3日前。9月28日の両院議員総会だった。

 「これだったら、みんな(希望に)行けるんじゃない」。提案を終えて隣に座った前原に、枝野が言った。安保法反対の姿勢を前原が明確にしたことで、小池とも話がついていると錯覚した。

 ところが、約2時間後。小池は記者会見で、「安保法制に賛成しない方は、そもそも(希望に)アプライ(申請)してこない」と発言。翌29日には、「全員を受け入れることはさらさらない」「排除いたします」と踏み込んだ。

 「リベラルつぶし」「前原のクーデターだ」。福山哲郎や辻元清美ら、民進代表選で枝野を支えたメンバーが30日夜、都内のホテルの一室で枝野を囲んだ。「討ち死にするのなら、派手に戦った方がいい」。元厚生労働相の長妻昭が新党の立ち上げを主張した。

 衆院選の公示が10日後に迫っ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら