[PR]

 岐阜市民病院が時間外労働の上限を労使で定める「36協定」について、上限を月100時間から150時間にして結び直していたことが、病院への取材で分かった。医師が月100時間以上の時間外労働をしていたとして、岐阜労働基準監督署から是正勧告を受けたためだという。病院は「労働法制にのっとり、より実態に即した形で協定を結んだ」と説明している。

 病院によると、昨年11月、岐阜労基署から100時間超の時間外労働をしている医師が複数いるとして是正勧告を受けた。病院は今年5月、上限を暫定的に月150時間として労使で36協定を結び直し、6月から適用しているという。

 病院は上限を50時間増やした理由として、今年度が電子カルテ導入の初年度でトラブル対応などの事務処理が増えることが想定されることや、5年に1度の病院機能評価の年に当たっていることなどから算出したという。

 国の過労死認定基準(過労死ラ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら